一般社団法人みがくにご関心をお寄せいただきありがとうございます。

私は20代のころに「躁鬱病(双極性障害)」を患い精神障害者となりました。それ以来、障害者としてたくさんの辛い経験をし、生きづらい思いを抱える日々を過ごしました。

しかし幸いなことに、あるきっかけを経ていろいろな人との出会いの中、障害とうまく付き合うすべを身につけ、寛解(治らないが症状がなくなる状態)して社会復帰することができ、こうしてサポートする側の立場に立つことができました。

障害も様々、人も様々ですが、「変化」は人と人が出会う、人と人が向き合うところから始まります。
私たちがそのきっかけとなれるよう、自らも磨きながら尽力していきたいと思います。

 
 

代表理事 建山和徳
 
mgk_tate01

もし少しお時間がある方は、私が社会復帰するきっかけとなった出来事をSTORYS.JPに執筆しておりますので、ご一読いただけましたら幸いです。

躁鬱病で引きこもっていた男が障害者福祉の事業を立ち上げるまで

建山 和徳さんのストーリー